秋田市美容室ルミナス|秋田市秋田駅東口から徒歩5分

Staff Detail

Profile

工藤 真央(くどう まお)

ポジション
サロンマネージャー、トップスタイリスト
ニックネーム
まおちゃん、まおちん、まおっぺ
誕生日
10月5日
出身地
秋田生まれ秋田育ち!
はまっている事
comicoで連載している「しみことトモエ」(犬派から猫派になりそうなほどカワユイです。)と、「ReLIFE」を読むこと。
小さいころの夢
美容師とカメラマン同率一位

Message

私は最近、めっきりインドアです。家にいる楽しさを中学ぶりに思い出しました。
漫画を読んだり、雑誌をみたり、籐のかごを編んだり、ピアノを久々に弾いてみたり。兎に角!!色んなことをちょこちょこつまんでいるので、少しでもみなさまとの共通点があったら嬉しいです。
暖かくなったら勉強会へどしどし学びに行く予定andメキメキ成長する予定なのでお楽しみに。全てはみなさまのハッピーのために!!!

  • blog

blog

Interview

毎月ひとりずつ、気になるあのスタッフにインタビュー
工藤 真央 クドウ マオ/サロンマネージャー・トップスタイリスト・セラピスト

今、目の前にある「私にできること」をお客様のために
しっかりと続けていきたいと思います

Luminousのオープンからずっと一緒に歩んできた工藤さん。
幼い頃から身近にあった美容師というお仕事や、プライベートについてお話を伺いました。

「ずっと先の大きな目標とか夢とかはあまり意識できなくて、いつも目の前にある『今私ができること、すべきこと』を探してしまうんですよね」笑顔でそう話してくれた工藤さん。小さい頃から祖母や叔母が営む美容室に遊びに行ったりしながら、美容師という職業をずっと身近に感じていたそうです。おしゃれに興味を持つ多感な少女時代、ごく自然に接してきた「美容師」という職業を彼女自身は選びました。そしてその経験が、工藤さんの言う『今私ができること、すべきこと』をしっかり見つめてじっくり取り組んでいくスタイルにつながったのかもしれません。
地元秋田の美容専門学校へ進み、卒業と同時にその年の春にオープンしたLuminousのスタッフとしてオープン準備から携わり、アシスタントとして勤務。終業後にコンテストのための練習にも取り組む日々。「でも、大変だとかつらいとは感じなかったんですよ。無我夢中というか、とにかく自分ができることを探していました。

みんなの手助けをしたいと言えばおこがましいの ですが、少しでも役立っているなら、それが嬉しくて」4年間アシスタントを経験した後、現在はスタイリストとして活躍する毎日です。
毎日忙しい日々を過ごしている熊谷さんですが、休日はどんな過ごし方を?「古い建物が好きなのでいろんなところに出かけています。世界遺産のようなものから、無名の古い町並みまで。サグラダ・ファミリアを観るためにスペインにも行きました」また、普段気づかないような景色の中にも素敵な風景が隠れていることがあるのだそうです。その観察眼が美容師としての仕事に役立っているのかもしれませんね。
最後に工藤さんの印象に残っているエピソードなどを伺ってみました。「お客様との会話で何気なくお話したことを覚えていて下さって『そういえば・・・』と次のご来店時に話題にして下さったり、学生さんが4年間お店に通って下さって、卒業して秋田を離れても覚えていてくれて、休みの時にわざわざ秋田を訪れてお店に来て下さったり。Luminousや私のことを少しでも気にかけて下さっているということが本当にありがたいと思っています」

   

Schedule

Hair Style