Newsお知らせ

秋田の美容室 ルミナスからの最新情報やお知らせを随時更新中!

雨の日も湿気に負けないヘアケア

梅雨の季節-。雨の日や湿気の多い日、髪が広がる、うねる、ボリュームがなくなる…など、ヘアスタイルが思い通りにキマらず、憂鬱になることありませんか? ヘアスタイルで一日の気分が決まりますよね。そこで今回は、雨の日の「髪がキマらない問題」対策についてご紹介します。

雨の日のうねりや広がりは水分バランスが原因

もともと日本人の多くはくせ毛と言われています。
髪は水分の影響を受けやすく、湿度の高い日は余分に水分を吸収し、ゴワゴワした質感になり、うねったり、広がったりするのです。傷んだ髪は、キューティクルが剥がれているため、剥がれたところからさらに水分を吸収してしまいます。

髪の芯に潤いをチャージ

うねりや広がりが気になる方は、梅雨時期はシャンプーをサラサラタイプではなく、しっとり系に替えてみてください。髪に重さを与えることで、うねりや広がりを抑えることができます。
逆に、髪がペタンとしてしまう人は、サラサラタイプでボリュームを出しましょう。髪が細くやわらかい髪質の人は、余分に吸収した水分の重さに耐えられず、ペタンと髪が寝てしまい、ボリュームがなくなってしまうのです。この悩みを解消するには、髪にハリやコシを与えることも大切です。
どちらのタイプも、髪内部の栄養分と水分を適量に保つことが対策の一つとなります。
 

そこでおすすめは「生キューティクルオイル」。上の写真のオイルは乾燥や紫外線にも強く、乾いた髪に1、2滴つけるだけで湿気から髪を守り、髪をコーティングする効果があります。生キューティクル成分でツヤ感もアップ! 使い続けることで、髪がやわらかくなります。ネイル、ハンドオイルとしても使えるので、使用後は手を洗う必要がなく、残ったオイルでそのままハンドケアができます。とても濃厚なオイルなので、使用量だけ気をつけていただければ髪がキレイになります。
ヘアオイルは髪質や毛量との相性が良いものを選ぶことが大切。髪がペタンとしてしまう人は、髪自体を強くするアイテムでお手入れし、ヘアオイルを使用する場合は、サラサラとした仕上がりとなるものを選びましょう。
 

ヘアドライの仕方にも注意しよう

気になるクセを抑えるには、ドライヤーでしっかり髪を乾かすことが大切。水分が残っていると、うねりや広がりの原因となってしまいます。ドライヤーの使い方次第で翌日のヘアスタイルが決まります。
ヘアドライのポイントは、頭頂部から髪の根元に風をあて、こするように乾かすこと。ボリュームを抑えたい人は、上から下へ、ボリュームを出したい人は、下から根元を起こすようにドライヤーをあてましょう。最後に冷風をあてて、熱で開いたキューティクルを閉じましょう。
 
雨の日対策も、基本はヘアケアです。健康な髪は、雨の日も天気に左右されない美髪のまま。髪にダメージを与えないことが何よりも大切です。
ヘアケアは、髪質やライフスタイルなどによってそれぞれ違います。雨の日のイライラ解消に、ぜひ相談に来てください。いつでもアドバイスさせていただきます!