Newsお知らせ

秋田の美容室 ルミナスからの最新情報やお知らせを随時更新中!

これさえやっておけば静電気対策はバッチリ!

寒い季節の静電気、気になっていませんか?
静電気によって広がった髪を直そうと、触れば触るほど広がってしまう…。

静電気の原因は乾燥

なぜ静電気が起こるのか?
季節によって発生したりしなかったり。
原因は〝乾燥〟でした。
乾燥している状態で髪同士が擦れあったり、髪の水分量が足りない状態でのブラッシングにより、静電気が発生してしまいます。乾燥していると、髪はとても静電気を発生しやすくなります。
梅雨の時期や夏は、湿度により髪の毛が広がったりしますが、静電気が原因で広がることはありません。髪が濡れている状態では、静電気が発生することはないため、いかに髪を乾燥させないかが、大切になってきます。

静電気は髪のダメージと比例

髪は、乾いている状態でも約12%ほど水分を保っています。これが、ダメージにより髪の水分量が減り、〝乾燥〟していると静電気をより発生させやすい状態になります。そして、さらに静電気で髪を傷めてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

静電気をためない対策

まずは、髪を乾燥させないために保湿をします。髪の水分を保持できるトリートメントを行うことが大切。
そして静電気には、前回ご紹介した洗い流さないトリートメントが有効的。特に〝ヘアオイル〟がオススメ。
乾かす前にショートヘアなら1プッシュ、ミディアム・ロングヘアなら2プッシュを毛先からなじませ、残った少量のオイルを髪の表面になじませます。
 
※洗い流さないトリートメントの詳しい付け方は、前回記事 「乾燥の季節、洗い流さないトリートメントのチカラ」を参考にして下さい

室内の湿度を保つことが大切

ヘアオイル以外の対策としては、室内の湿度を40%〜60%程に保つこと。
意外かもしれませんが、髪は空気中から水分を得ているのです。髪が濡れている時に水分を保持するわけではなく、人が呼吸するかのように空気中の水分を取り込み、毛髪内部の水分量を調整しています。
これからの季節、インフルエンザや風邪などの予防にもなります。加湿器などで湿度を保つことは大切です。
 
以上が簡単に静電気対策をできる内容でした。ぜひ、美髪・艶髪のために行ってみて下さい!